臨牀透析 Vol.29 No.12(3-5)


特集名 透析スタッフの教育と診療レベルの向上
題名 透析医療に関する教育制度 (5) 薬剤師―透析医療に関わる薬剤師の職能と教育・研修(認定制度)について
発刊年月 2013年 11月
著者 三宅 健文 西陣病院薬剤部・薬剤師
【 要旨 】 2012年4月から薬剤師を養成することを目的として薬学教育6年制第一期生が臨床現場に誕生した.病院薬剤師業務においては「病棟薬剤業務」という入院基本料に対する薬剤師の加算が認められた.これからの薬剤師業務は大きく変わろうとしており,薬剤師への社会からの期待は確実に高まっている.一方で,がん化学療法を中心とした「薬剤師外来」という新たな業務も薬剤師に期待されている.透析医療においても期待される薬剤師業務の場は外来であり,院内だけでなく保険薬局との連携も重要となる.本稿では,この期待に応えられるために薬剤師が必要とするスキルとそれを育成するための教育制度について考えていきたい.
Theme Education of the dialysis staff to achieve better quality care
Title About the professional ability of the pharmacist concerned with dialysis medical care and education, the training (authorized system)
Author Takefumi Miyake Department of Hospital Pharmacy, Nishijin Hospital
[ Summary ] No Summary
戻る