臨牀透析 Vol.28 No.1(7-2)


特集名 高齢者医療における透析療法の諸問題 2012
題名 高齢透析患者の心身状態の変化と透析療法のあり方(調整) (2) 透析継続の中止
発刊年月 2012年 01月
著者 小松 康宏 聖路加国際病院腎臓内科
【 要旨 】 高齢透析患者では技術的に透析継続が困難となったり,高度の認知・意識障害から透析療法に関する本人の意思確認が困難になることがある.担当医は患者の自律を尊重するとともに,患者の最善の利益のためにつくすという倫理原則のジレンマに悩む.わが国では,透析療法の開始や中止を決定する際の倫理指針や法整備は不十分である.透析中止を検討するに当たっては患者,家族,透析スタッフ,第三者を交えた十分な話し合いのうえで患者にとって最善と考えられる治療方針を選択するようにしたい.
Theme Problems Involved with Dialysis Therapy in the Elderly Medicine
Title Withdrawal of maintenance dialysis
Author Yasuhiro Komatsu Division of Nephrology, Department of Medicine, St. Luke's International Hospital
[ Summary ] Physicians and dialysis staffs may face an ethical dilemma in deciding whether to start, withhold, or withdraw dialysis for elderly patients with severe neurological or cardiac impairment. Shared-decision making processes should be practiced to respect patients' autonomy and benefits provided by treatment. Temporary postponement of dialysis or providing dialysis for palliative purposes only can be alternative treatment choices.
戻る