臨牀透析 Vol.21 No.6(6)


特集名 透析患者の眼
題名 透析と視神経症
発刊年月 2005年 06月
著者 松岡 陽太郎 島根大学医学部眼科学講座
著者 大平 明弘 島根大学医学部眼科学講座
【 要旨 】 透析患者は前部虚血性視神経症のリスクファクターである高血圧,動脈硬化,貧血などの全身合併症を重複していることが多い.さらにこの状態に,透析後の急激な血圧低下が加わったとき,前部虚血性視神経症を発症することがある.視力予後は良くないが,発症早期に血圧補正などの治療を開始できれば,視力を回復することもある.このため,透析中の前部虚血性視神経症の発症予防および治療の観点から血圧のコントロールはとくに重要であり,発症した場合には透析スタッフと眼科の速やかな連携が大切である.
Theme The Eye in Hemodialysis Patients
Title Optic neuropathy and dialysis
Author Yotaro Matsuoka Department of Ophthalmology, Shimane University Faculty of Medicine
Author Akihiro Ohira Department of Ophthalmology, Shimane University Faculty of Medicine
[ Summary ] Chronic uremic patients on dialysis often have risk factors for anterior ischemic optic neuropathy (AION), such as hypertension, atherosclerosis (increased resistance) and anemia (low blood oxygen carrying capacity). In these patients, AION is occasionally induced by acute hypotension after dialysis in combination with the above conditions. Although visual prognosis is generally poor, immediate restoration of hypotension is effective in some cases. Therefore, close collaboration among nephrologists and ophthalmologists is important when AION occurs in chronic uremic patients.
戻る