臨牀透析 Vol.20 No.11(4-7)


特集名 CAPD療法の新たな展開
題名 CAPD療法の今後の展開 (7) 腹膜透析システムにおける機器開発
発刊年月 2004年 10月
著者 鈴木 聡 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター
著者 塚田 三佐緒 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター
著者 峰島 三千男 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター
著者 秋葉 隆 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター
【 要旨 】 自動腹膜透析 (APD) 装置の開発は治療方法の選択肢拡大や操作に対する手間の軽減などのさまざまな有用性をもたらした.とくに就寝中の治療には不可欠な存在といえる.血液透析は医療施設で施行されることが圧倒的に多いが,腹膜透析は在宅で患者自身もしくは介助者によって施行される.したがってAPD装置には安全性,操作性,メンテナンス性などにおいて高い水準が要求される.今回,ユーザー (患者) とメーカー (または取り扱い業者) 双方に対し,APD装置に関するアンケート調査を実施した結果,ユーザーの求める内容とメーカーの対応状況には若干の差異が認められた.今後,積極的なCS (customer satisfaction,顧客満足) 活動を展開する必要があると思われた.
Theme New Development in CAPD Therapy
Title Development of equipment for peritoneal dialysis
Author Satoshi Suzuki Kidney Center, Tokyo Women's Medical University
Author Misao Tsukada Kidney Center, Tokyo Women's Medical University
Author Michio Mineshima Kidney Center, Tokyo Women's Medical University
Author Takashi Akiba Kidney Center, Tokyo Women's Medical University
[ Summary ] Automated peritoneal dialysis (APD) has some advantages in comparison with the conventional PD. For example, we can choose an optimal PD treatment modality and operating conditions for each patient with APD machines. Almost all PD patients receive treatment at home by themselves. The APD machine, provides higher levels of safety and easier operation and maintenance.
We carried out our questionnaire survey on the APD machine with both patients and manufacturers. From these results, it was demonstrated that there were some differences between the patients' needs and the manufacturers' responses. It is thought that the manufacturers should pay more attention to customer satisfaction needs.
戻る