臨牀透析 Vol.19 No.5(2)


特集名 腹膜透析における新しいトレンド
題名 排液アルブミン回収・再利用装置の開発
発刊年月 2003年 05月
著者 竹澤 真吾 鈴鹿医療科学大学医用工学部臨床工学科
【 要旨 】 グルコースの分解生成物は長期CAPD患者において腹膜硬化症を発症しやすくしている.そこで,この腹膜硬化症を回避するための,排液中に存在する患者自身のアルブミンを浸透圧剤として使用する試みを行った.この方法が確立すると,腹膜硬化症の発症時期を遅らせたり低アルブミン血症を回避することも可能となる.試作装置では,排液アルブミンを100倍以上に濃縮可能であった.コンピュータとセンサによる全自動化を行ったので,今後,カセット型回路の改良,装置の小型化をはかり普及を目指したい.
Theme New Trends in Peritoneal Dialysis Technologies
Title Development of a new PD system for albumin recycling treatment
Author Shingo Takesawa Faculty of Medical Engineering, Suzuka University of Medical Science
[ Summary ] Advanced glycation end products accelerate encapsulating peritoneal sclerosis (EPS) in long-term peritoneal dialysis (PD) patients. We tried to avoid the EPS in PD patients by adding patients' albumin to their own waste peritoneal dialysate as an osmotic agent. This method suggests that we may reduce the chances of EPS and be able to avoid low albuminemia. The trial machine successfully made a very highly concentrated albumin solution, with over 100 times the albumin in the waste dialysate. A fully automated system, using a computer and sensors may possibly become widely used in patients' homes, if the size of the machine and cassette type circuit can be made more compact.
戻る