臨牀透析 Vol.14 No.12(6-2)


特集名 透析患者の家族支援
題名 各論 (2) 退院困難な患者の在宅へ向けての家族への支援
発刊年月 1998年 10月
著者 畠山 喜恵子 仙台赤十字病院腎センター・看護婦
著者 中村 智代子 仙台赤十字病院腎センター・看護婦
著者 山口 裕一 仙台赤十字病院腎センター内科
著者 木下 康通 仙台赤十字病院腎センター内科
【 要旨 】 核家族化が進んだ現在,高齢の1人または2人暮らしの透析患者が増加している.このような患者が入院し要介護となった場合,退院困難となる傾向がある.当腎センターの実態の検討から要介護透析患者が退院する場合,介護にあたる家族の負担が大きく,退院を妨げる要因として介護力の不足に加え,家族の不安があることが考えられた.医療者側は患者を受け入れる家族から,退院に伴う問題,不安などの情報を集め,そのうえで個々の症例にあった知識の提供,公的支援の紹介,精神的ケアを行い,患者・家族の負担を軽減するように積極的な支援を行うことが重要である.
Theme Support for Dialysis Patients' Families
Title Support to family on discharge of hemodialysis patients under long-term hospitalization
Author Kieko Hatakeyama Japanease Red Cross Sendai Hospital, Kidney Center
Author Chiyoko Nakamura Japanease Red Cross Sendai Hospital, Kidney Center
Author Yuji Yamaguchi Japanease Red Cross Sendai Hospital, Kidney Center
Author Yasumichi Kinoshita Japanease Red Cross Sendai Hospital, Kidney Center
[ Summary ] No Summary
戻る