INTESTINE Vol.15 No.3(1-2)


特集名 潰瘍性大腸炎のTherapeutic Strategy─Standardな治療法から最新情報まで
題名 [総論]潰瘍性大腸炎に対する外科治療のタイミング
発刊年月 2011年 05月
著者 杉田 昭 横浜市民病院外科
著者 小金井 一隆 横浜市民病院外科
著者 山田 恭子 横浜市民病院外科
著者 黒木 博介 横浜市民病院外科
著者 木村 英明 横浜市立大学附属市民総合医療センター炎症性腸疾患センター
著者 荒井 勝彦 横浜市民病院外科
著者 鬼頭 文彦 横浜市民病院外科
著者 福島 恒男 松島クリニック
【 要旨 】 潰瘍性大腸炎の内科治療には近年,新しい治療薬が加わり,治療の選択肢が増加した.治療の目的である社会復帰を含めたQOLの向上のためには,これらの治療法の効果と限界を明らかにし,本症の標準術式である回腸囊肛門吻合術,回腸囊肛門管吻合術の術後経過が良好であることを踏まえて,内科治療で効果の十分でない重症例,難治例には時期の遅れがなく,外科治療へ移行することが必要である,とくに重症例では手術時期の遅れのない手術,難治例では社会的適応を含めた手術適応の拡大を考慮することが重要で,内科医,外科医の連携は不可欠ある.
Theme Therapeutic strategy for ulcerative colitis ; from standard to up-to-date
Title Timing of surgical treatment for ulcerative colitis
Author Akira Sugita Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Kazutaka Koganei Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Kyoko Yamada Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Hirosuke Kuroki Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Hideaki Kimura Inflammatory Bowel Disease Center, Yokohama City University Medical Center
Author Katsuhiko Arai Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Fumihiko Kito Department of Surgery, Yokohama Municipal Hospital
Author Tsuneo Fukushima Matsushima Clinic
[ Summary ] New medical treatments have been developed for treatment of ulcerative colitis. Surgical treatment is required for patients when other treatment options are not effective. To determine the best surgical options, it is important to know the efficacy, limits of medical treatment and postoperative clinical course.
戻る