臨牀消化器内科 Vol.36 No.2(5-4)


特集名 IBD診療のdecision making ― 専門医の選択
題名 クローン病小腸画像検査 (4) MR enterographyの実際と有用性
発刊年月 2021年 02月
著者 竹中 健人 東京医科歯科大学消化器内科
著者 北詰 良雄 東京医科歯科大学放射線診断科
著者 大塚 和朗 東京医科歯科大学光学医療診療部
著者 藤井 俊光 東京医科歯科大学消化器内科
著者 渡辺 守 東京医科歯科大学高等研究院
著者 岡本 隆一 東京医科歯科大学消化器内科
【 要旨 】 機器の進化により撮影時間が短くなり,等張液で適度に腸管を拡張させたのちに,小腸を評価するMREが可能となった.クローン病は再燃と寛解を繰り返す病気であり,臨床的に寛解であっても,持続的な炎症が腸管狭窄・瘻孔・膿瘍といった合併症を形成する.クローン病小腸病変のモニタリングは患者予後の向上をもたらすと考えられ,被曝のないMREが非常に有用であると考えられている.MREの導入のためには放射線技師・放射線科医師の協力が必須であるが,MRIや前処置の禁忌がないクローン病患者すべてがMREの適切な症例である.本稿では,普及が進むことを望みクローン病に対するMRE検査について解説する.
Theme Progress in Advanced Endoscopic Treatments for Upper Gastrointestinal Tumors
Title Utility of MR enterography for Crohn's Disease
Author Kento Takenaka Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical and Dental University
Author Yoshio Kitazume Department of Radiology, Tokyo Medical and Dental University
Author Kazuo Ohtsuka Department of Endoscopy, Tokyo Medical and Dental University
Author Toshimitsu Fujii Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical and Dental University
Author Mamoru Watanabe Tokyo Medical and Dental University
Author Ryuichi Okamoto Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical and Dental University
[ Summary ] No Summary
戻る