臨牀消化器内科 Vol.28 No.6(3)


特集名 栄養代謝制御における消化管生理活性ペプチドの役割
題名 グレリンの胃酸分泌増加作用
発刊年月 2013年 06月
著者 櫻田 智也 埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科
著者 屋嘉比 康治 埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科
【 要旨 】 成長ホルモン(GH)放出ペプチドであるグレリンは,食欲促進ホルモンとしてよく知られているが,これまでに,本ペプチドが胃酸分泌に対して刺激作用をもつことが明らかにされている.グレリンには,活性型グレリン(アシルグレリン)と不活性型グレリン(デスアシルグレリン)の,二つの主要な分子形態が存在する.最近の研究では,これらの2形態が異なる役割を果たしていることが示唆されている.しかしながら,グレリンの二つの形態のうちデスアシルグレリンのin vivoにおける作用と役割については,十分に解明されていない.本稿では,デスアシルグレリンとアシルグレリンの胃酸分泌への影響について,筆者らの研究を中心にこれまで報告された研究からグレリンの作用について考察した.アシルグレリンは酸分泌を増加させるが,その機序はヒスタミン分泌を増加させることによる.デスアシルグレリンは胃酸分泌には影響しない.アシルグレリンは空腹期の胃酸分泌に関与していると思われる.
Theme The Roles of Gut Physiological Active Peptides in the Control of Nutrition and Metabolism
Title Gastric Acid Secretion Increasing Effects of Ghrelin
Author Tomoya Sakurada Department of Gastroenterology and Hepatology, Saitama Medical University, Saitama Medical Center
Author Koji Yakabi Department of Gastroenterology and Hepatology, Saitama Medical University, Saitama Medical Center
[ Summary ] This is a review of the actions of both forms of ghrelin on acid secretion and a comparison of these actions. Ghrelin, a GH-releasing peptide, is well known as an orexigenic hormone. Recently this peptide has been demonstrated to have a stimulating action on gastric acid secretion. However, of the two forms of ghrelin, desacyl ghrelin is not fully understood in terms of its actions and roles in-vivo. Studies comparing the actions of acylghrelin and desacylghrelin, on acid secretion and histamine production in the stomach have been conducted. The physiological roles and significance of ghrelin in the secretion of gastric acid are reviewed.
戻る