臨牀消化器内科 Vol.28 No.5(2-2)


特集名 IBDと合併症
題名 腸管外合併症 (2) 関節疾患―腸炎性関節炎(enteropathic arthritis)
発刊年月 2013年 05月
著者 小竹 茂 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター内科
著者 南家 由紀 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター内科
【 要旨 】 腸炎性関節炎(EA)は炎症性腸疾患(IBD)に伴う関節炎である.臨床で見逃されやすい脊椎関節炎のなかでも,臨床医にもっとも認識されていない関節炎かもしれない.わが国のIBDの患者数は13万人を超え,年6,500人増加している.わが国のIBDの関節炎合併は約10%とするとEA患者は約1.3万人となり,しかも増加傾向にあると推測される.IBDには末梢性および軸性(脊椎および仙腸関節)の関節炎を合併することがある.仙腸関節炎は注意深い問診と診察(仙腸関節刺激試験)を行うことが重要である.診断困難な脊椎関節炎では腸管の検査を行う.EAは各専門診療科の境界に位置し,消化器科はもとより整形外科あるいはリウマチ専門医にすら認識が薄い疾患である.まずは,EAを十分理解し,疑うことから診断に迫ることができる.
Theme Complication of Inflammatory Bowel Disease
Title Enteropathic Arthritis
Author Shigeru Kotake Institute of Rheumatology, Tokyo Womenʼs Medical University
Author Yuki Nanke Institute of Rheumatology, Tokyo Womenʼs Medical University
[ Summary ] The definition of spondyloarthritis (SpA) includes enteropathic arthritis (EA), which is clinically important but often misdiagnosed. EA is accompanied by inflammatory bowel disease (IBD). In Japan, over 130,000 individuals have IBD. IBD is diagnosed in 6,500 individuals every year. Approximately 10 % of IBD patients develop arthritis, suggesting that 13,000 patients develop arthritis every year. SpA is associated with peripheral and axial arthritis. Axial arthritis is linked to spondylitis and sacroiliac arthritis. Sacroiliac joint tests need to be performed to diagnose sacroiliac arthritis. Rheumatologists should be aware of the pathogenesis of EA to diagnose and treat these diseases appropriately.
戻る