臨牀消化器内科 Vol.25 No.5(5)


特集名 血管の異常をきたす消化管疾患
題名 Dieulafoy潰瘍の内視鏡診断と治療
発刊年月 2010年 05月
著者 柚木崎 紘司 大阪警察病院内科
著者 李 兆亮 大阪警察病院内科
著者 東 大里 大阪警察病院内科
著者 田村 公佑 大阪警察病院内科
著者 西山 典子 大阪警察病院内科
著者 末吉 伸行 大阪警察病院内科
著者 青野 悟志 大阪警察病院内科
著者 松本 裕子 大阪警察病院内視鏡センター
著者 阿部 孝 大阪警察病院内視鏡センター
【 要旨 】 Dieulafoy潰瘍は,突然発症する消化管出血で,保存的治療は困難である.上部消化管出血をきたすことが多いが,食道,大腸,小腸と全消化管にみられる.最近ではカプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡の登場により,小腸Dieulafoy潰瘍も内視鏡的に診断されるようになった.また内視鏡機器の発達により消化管のすべての部位において,内視鏡的止血術で,安全に治療できるようになった.本稿では,小腸Dieulafoy潰瘍の自験例を提示しながらDieulafoy潰瘍について概念や診断・治療などについて概説する.
Theme Vascular Disorder of Gastro-intestinal Tract
Title Endoscopic Diagnosis and Therapies for Dieulafoy Lesions
Author Hiroshi Yunokizaki Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Zhao Liang Lee Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Dairi Higashi Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Kohsuke Tamura Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Noriko Nishiyama Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Nobuyuki Sueyoshi Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Satoshi Aono Department of Internal Medicine, Osaka Police Hospital
Author Yuko Matsumoto Endoscopy Center, Osaka Police Hospital
Author Takashi Abe Endoscopy Center, Osaka Police Hospital
[ Summary ] Dieulafoy lesions, an arterial type of vascular abnormality, are a rare but serious cause of gastrointestinal hemorrhaging. The lesions can be located anywhere in the gastrointestinal tract but are most commonly found in the proximal stomach and can be responsible for severe hemorrhaging. Mechanical endoscopic methods are the most efficacious. We evaluate the usefulness of emergency endoscopy (EGD, colonoscopy, capsule endoscopy, and double balloon enteroscopy) for Dieulafoy lesions, and assess its impact on endoscopic therapies.
戻る