臨牀消化器内科 Vol.12 No.11(8)


特集名 肝疾患の予後
題名 自己免疫性肝炎の予後
発刊年月 1997年 10月
著者 渡辺 文時 東京慈恵会医科大学内科学講座第一
著者 戸田 剛太郎 東京慈恵会医科大学内科学講座第一
【 要旨 】 自己免疫性肝炎(AIH)は,従来「早期に肝硬変に移行する肝炎」と考えられていたが,検討により緩徐な進行例の多いことが明らかとなった.欧米では若年発症し急速に進行する例がみられるが,これは疾患感受性遺伝子の違いであることも判明してきた.統計学的検討により本邦におけるAIHの予後は,平成3年時点で10年生存率は約85%と予想されている.診断するうえでの注意点は,約10%存在するHCV陽性AIH例と抗核抗体陰性例および肝硬変例の存在である.AIHに対するコルチコステロイド治療の効果は一般に良好であるが,治療中止後の再燃が高率であり長期にわたる投与が要求される.その一方で,同剤の長期投与による副作用も問題となり,臨床上の注意深い経過観察が本症の予後を左右する.
Theme Prognosis of Liver Diseases
Title Prognosis of Autoimmune Hepatitis
Author Fumitoki Watanabe Internal Medicine I, The Jikei University, School of Medicine
Author Gotaro Toda Internal Medicine I, The Jikei University, School of Medicine
[ Summary ] Autoimmune hepatitis(AIH) is observed more frequently in Caucasians and results in liver cirrhosis. A recent nationwide survey in Japan revealed that the course of Japanese AIH is mild, suggesting that the difference in clinical background involves genetic factors. The 10-year survival rate of AIH patients treated with corticosteroids in Japan reached 85%. However, long-term follow up is needed of drug therapy because of its adverse effects. In Japan, patients who have hepatitis C virus infection constituted a substantial fraction (10%). Moreover, about 5% of the patients were anti-nuclear antibody negative.
戻る