通常内視鏡観察による早期胃癌の拾い上げと診断

  • 【監修】 藤崎 順子
  • 【著】 平澤 俊明/河内 洋
  • 【ISBN】 978-4-88875-291-6
  • 【本体価格】 6,800円
  • 【刊行年月】 2016年 10月
  • 【版組】 B5判
  • 【ページ数】 220ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

通常内視鏡による100病変を超す胃癌・胃腺腫を収載
H.p除菌後発見胃癌 20症例,H.p未感染胃癌 9症例収載
筆者が,がん研有明病院にレジデントとして入局したときに,これまで見たことのない胃炎類似型胃癌,微小胃癌,IIb病変が次々と発見されることに大変驚いた.胃癌を発見するコツを質問すると,“病変が光ってみえる”と教わった.多くの病変を経験することにより“目が慣れてくる”と,病変が自然に目に入るようになってきた.これが“病変が光ってみえる”ということだとわかった.
主な内容
第I章 胃癌の発見に役立つ基礎知識
1.正常な胃粘膜と胃炎
  • 正常な胃粘膜(H.pylori未感染)/H.pylori感染胃炎(H.pylori現感染,既感染)
2.胃癌の分類と臨床的特徴
  • 胃癌の分類/胃癌の発育進展様式と臨床的特徴
第II章 胃癌の見つけ方!
1.胃癌を見つけるために注目すべき所見
  • 背景との関係/面(癌の領域)の所見/境界の所見
2.見逃しやすい胃癌
  • 見落としやすい部位/見つけにくい病変/癌の診断能力を上げる魔法の薬-インジゴカルミン
第III章 胃癌を探せ!-拾い上げ診断に挑戦しよう
症例問題51例
第IV章 胃癌は見つかりましたか?-解答と診断