大腸疾患NOW 2016 大腸癌の診断と治療update

  • 【編集主幹】 杉原 健一
  • 【編集】 五十嵐 正広,渡邉 聡明,大倉 康男
  • 【編集顧問】 武藤 徹一郎
  • 【ISBN】 978-4-88875-283-1
  • 【本体価格】 7,200円
  • 【刊行年月】 2016年 01月
  • 【版組】 B5
  • 【ページ数】 184ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

序文から抜粋
特集として「大腸癌治療ガイドライン2014年版:改訂のポイント」、「大腸癌化学療法におけるバイオマーカー」、「早期大腸癌診断と治療の最新情報」を取り上げた本書を「大腸癌治療ガイドライン」を補完する書物として利用していだだければ幸いです。
主な内容
Ⅰ.《大腸癌治療ガイドライン》2014年版:改訂のポイント
1.外科治療
  • Stage 0〜StageIIIの治療方針/再発大腸癌・血行性転移の治療方針
2.化学療法
  • 術後補助化学療法/切除不能進行再発癌に対する化学療法/バイオマーカー,個別化医療
Ⅱ.大腸癌化学療法におけるバイオマーカー
  • KRASからRASへ/BRAF/PIK3CA/Oncotype DX colon/MSI
Ⅲ.早期大腸癌診断と治療の最新情報
1.新機種による早期大腸癌の診断
  • EVIS LUCERA ELITEシステム/レーザー内視鏡システム
2. 画像強調内視鏡分類による早期大腸癌の診断
  • (1) NBI
  • JNET分類/既存の拡大NBI分類との整合性/JNET分類の問題点と今後
  • (2) BLI
  • レーザー内視鏡の各種モード/JNET分類を用いたBLI拡大観察
3.早期大腸癌の内視鏡治療の適応拡大
  • (1) T1b癌(1,000μm以深SM癌)リンパ節転移リスク層別化の検討
  • (2) T1癌(SM癌)の内視鏡治療適応拡大の可能性
4.ESD困難症例に対する対応
  • (1) 粘膜下層の線維化分類から見た治療適応
  • (2) 肛門管、回盲弁にかかる病変に対する対応
  • (3) 5cmを超える病変に対する工夫
5.内視鏡摘除後大腸T1(SM)癌の転移・再発に関する多施設共同研究
  • 研究の目的と方法/結果/結論
トピックス
  • (1) Japan Polyp Studyの紹介/(2) 文献紹介
大腸癌研究会 研究成果より
大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現況(第82回大腸癌研究会アンケート報告・調査報告)
大腸T1癌に対する内視鏡治療の適応拡大(第81回大腸癌研究会優秀発表賞)
大腸癌登録データから見た高齢者大腸癌の臨床病理学的特徴(第81回大腸癌研究会優秀発表賞)
進行下部直腸癌手術症例 (pStage II~IV)における腹腔鏡手術と開腹手術の比較検討(第82回大腸癌研究会優秀発表賞)
大腸SM癌の臨床病理学的特徴 ―進部低分化胞巣に関する検討(第82回大腸癌研究会優秀発表賞)