「早期胃癌」「内視鏡診断」に特化し,早期発見,早期診断をいかに行うか解説 2011年9月刊行


早期胃癌 内視鏡診断のModalityとStrategy

  • 【編】 小山 恒男
  • 【ISBN】 978-4-88875-240-4
  • 【本体価格】 9,200円
  • 【刊行年月】 2011年 09月
  • 【版組】 B5版
  • 【ページ数】 350ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

まずは病理診断と疫学を学んだ上で,通常内視鏡,経鼻内視鏡,拡大内視鏡という3大Modalityの特徴を理解し,早期胃癌の存在診断を学ぶ.ココまでが本書の土台である.
次にIEEを取り上げ,早期胃癌の進展範囲診断に関してModality別に解説を加えた.さらに,組織型診断・鑑別診断に関して,有用なModalityと,これを使いこなすStrategyを解説した.最後に診断の要となる最終的なModalityである生検を取り上げ,生検採取のStrategyを解説した. (序文より抜粋)
本書の主な項目
第1章 病理
  • マクロ診断/粘液形質/生検
第2章 診断
1.疫学とスクリーニング
2.モダリティ別の存在診断
  • 通常内視鏡/経鼻内視鏡/拡大内視鏡(NBI)
3.肉眼型別の特徴 (深達度、組織型、鑑別診断)
  • 0-Ⅰ型、0-Ⅱa型/0-Ⅱb型/0-Ⅱc型/0-Ⅱc型/0-Ⅲ型/混合型
4.モダリティ別の側方進展範囲診断
  • 通常内視鏡、色素内視鏡/拡大 NBI/酢酸拡大/AFI/FICE/i-scan
5.超音波内視鏡(EUS)による深達度診断
6.モダリティ別の組織型、粘液形質診断
  • 通常内視鏡/NBI拡大/粘液形質の診断
7.早期胃癌の鑑別診断
  • ポリープ/腺腫/胃潰瘍/びらん/胃炎/リンパ腫/カルチノイド/SMT
8.生検診断
  • 正しい生検採取法/EUS-FNA
第3章 治療
  • ESDの適応/腹腔鏡下手術の適応