安全で有益な手技として大腸ESDを施行するための考え方と標準的手技の指針


大腸ESD Guidebook

  • 【編著】 大腸ESD標準化検討部会
  • 【責任編集】 田中 信治
  • 【ISBN】 978-4-88875-218-3
  • 【本体価格】 8,800円
  • 【刊行年月】 2009年 05月
  • 【版組】 B5判並製
  • 【ページ数】 120ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

このESDガイドブックは,技術的なコツやピットフォールのみでなく,大腸ESDの適応や術後管理まで含めた総合的な解説書である.本書が,若い先生方の大腸ESD手技の習得の手助けになり,大腸ESDの発展・標準化につながることを期待しているが,くれぐれも不勉強や自分の技量を超えたESDにより医療事故を起こしてブレーキをかけることのないようにして頂きたい.
主要内容
1章 大腸ESDの適応
    • I. 大腸癌治療ガイドラインと内視鏡治療
    • II. 大きな大腸腫瘍の臨床病理学的特徴
    • III. 大腸ESDの適応
2章 大腸ESDの術者に求められる条件
    • I. 大腸ESDを安全に遂行するために術者に求められる条件
    • II. 大腸ESDを開始する技術的条件
    • III. 安全に大腸ESDを遂行するために術者に求められる技術的条件
3章 施設に求められる条件と準備機材について
      • 施設/前処置/局注液/ESD用ナイフ/止血デバイス/高周波装置の種類・設定/内視鏡/先端アタッチメント/送気
4章 大腸ESDを行う際の注意点(胃ESDとの違い)
    • I. 臓器の解剖学的特性から
    • II. 治療前の注意点
    • III. 治療時の注意点
    • IV. トラブルシューティング時の注意点
5章 大腸ESDの実際
1.大腸ESDにおけるインフォームド・コンセントのポイント
  • I. 大腸ESD で行う必要があると考えられるICのポイント
2.手技の実際
  • (1) Dual Knifeの基本手技
    • I. ual Knifeの特徴と使い方
    • II. 治療戦略と手技のコツ
      • DVD Video Dual KnifeによるESD
        -下行結腸の病変に対するESD
  • (2) Hook Knifeの基本手技を中心に
    • I. 大腸ESDを始める前の留意点
    • II. アプローチ戦略
    • III. 手技の実際
    • IV. 歯状線に接した腫瘍や痔核上の腫瘍のESD
      • DVD Video Dual KnifeとHook KnifeによるESD
        -直腸病変に対するESD(血管の豊富な例)
  • (3) Hook Knifeの応用手技
    • I. Hook Knifeの基本手技―直視下で切開剥離を行うESD手技のコツ
    • II. Hook Knifeの応用手技―撫で切り(sweeping),鈍的剥離のコツ
    • III. 難易度の高い病変に対するESDのコツ
      • DVD Video Hook KnifeによるESD
        -Hook Knifeの応用的なテクニック
3.症例に対する治療戦略・pitfall(動画)
      • SM軽度浸潤癌で易出血性の病変/粘膜下層に線維化を有する病変/直腸の病変/盲腸の病変/S状結腸の病変
4.偶発症対策
      • 穿孔/腹部コンパートメント症候群/直腸ESDは安全か?/出血
5.術後管理
  • I. ESD術後に生じうるおもな偶発症とその防止
  • II. 潰瘍底の観察・評価の情報
  • III. 術後管理の実際とポイント
6.ESD標本の取り扱い
    • I. 標本を得る前に
    • II. 標本の取り扱い-展翅から固定まで
    • III. 実体顕微鏡観察-染色から観察、割入れまで
    • IV. 病理組織像の確認