現時点での成熟したESD実践書


ESD手技ダイジェスト

  • 【監修】 田尻 久雄,五十嵐 正広
  • 【編集】 藤城 光弘,山本 頼正
  • 【ISBN】 978-4-88875-301-2
  • 【本体価格】 5,800円
  • 【刊行年月】 2017年 10月
  • 【版組】 B5
  • 【ページ数】 220ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

本書は「臨牀消化器内科」に掲載された論文を各執筆者に加筆修正していただき,新規論文を加え再編集したものであるが,書籍化したことで各論文が有機的につながり,さらなる相乗効果が生まれている.本書がESD 手技に携わる多くの先生方によってしっかりと「digest」(消化・理解)される事を期待している.
目 次
1.ESDの適応と根治度基準
  • 食道/胃/大腸
2.抗凝固薬・抗血小板薬服用中の患者の取り扱い
3.併存基礎疾患を有する患者の取り扱い
4.鎮静薬の使用方法、術中管理・モニタリング
5.安全なESDのコツと偶発症の対処
(1) 食道ESD-Hookナイフを用いた食道ESD
(2) 食道ESD-食道ESDの手技的ポイントと周術期管理
(3) 胃ESD-ITナイフを用いた手技の工夫
(4) 胃ESD-DualナイフJを用いたESDのコツ
(5) 大腸ESD-施術におけるクオリティコントロール
(6) 大腸ESD-ポケット法(PCM)による手技の工夫
6.ESD周術期管理
  • 食道/胃/大腸
7.フォローアップ
  • 食道/胃/大腸
8.食道・胃・大腸ESDの教育プログラム
【トピック】
  • 食道早期癌に対するPDT焼灼療法の位置づけ/咽頭・喉頭ESD/十二指腸ESD/SBナイフを用いたESD手技/スプラッシュMナイフを用いたESD手技/糸付クリップ法ESD/ESD後の粘膜縫縮