読者の質問に答えるために作製 2017年10月下旬刊行予定


胃炎の京都分類 QandA

  • 【監修】 春間 賢
  • 【編集】 加藤 元嗣,井上 和彦,村上 和成,鎌田 智有
  • 【ISBN】 978-4-88875-300-5
  • 【本体価格】 3,400円
  • 【刊行年月】 2017年 10月
  • 【版組】 B5
  • 【ページ数】 80ページ
  • 【在庫】 あり
  • この本を購入する

「胃炎の京都分類」は実臨床の場で,内視鏡専門医の先生方からこれから胃炎を勉強される先生まで,幅広い先生方に使用頂き,所見や語句の分かりにくい個所がいくつか認められた.そこで、これまで寄せられた疑問点と問題点をもとに作成されたのが,今回の「胃炎の京都分類Q and A」である.
「胃炎の京都分類」に関するご意見の募集
目 次
重要所見
Q1 特異的にH. pylori未感染、H. pylori現感染、H. pylori既感染を診断する内視鏡所見はどれですか
萎縮
Q2 木村・竹本分類について、C-2とC-3、O-1とO-2、O-2とO-3の区別のポイントを教えて下さい
Q3 胃粘膜萎縮を診断するコツはありますか
Q4 萎縮がはっきりしない症例ではIEEは有用ですか
Q5 前庭部の萎縮はどのように診断しますか
A型胃炎
Q6 前庭部には萎縮がなく、体部と穹窿部には高度の萎縮を認めるA型胃炎の記載はどのようにしますか
びまん性発赤
Q7 びまん性発赤の診断はIEEでは容易になりますか
Q8 H. pylori感染以外にびまん性発赤を呈する場合はありますか
Q9 除菌成功後のびまん性発赤の診断はどのようにしますか
胃ポリープ
Q10 胃のポリープの鑑別を教えてください
胃底腺ポリープ
Q11 胃底腺ポリープが出現・増大することがありますか
Q12 胃底腺ポリープを観察できれば、未感染と判断してよいですか
皺襞腫大
Q13 胃体部粘膜ひだの変化について教えてください
RAC
Q14 RACがどのように観察されたらH. pylori未感染と診断しますか
Q15 H. pylori未感染でもRACがみられないことがありますが、それはどのような場合ですか
Q16 除菌後のRACの回復について教えてください
腸上皮化生
Q17 通常の内視鏡で診断できる腸上皮化生の所見は?
鳥肌
Q18 鳥肌胃炎の典型例は診断容易ですが、診断に迷う症例はありますか
点状発赤
Q19 点状発赤は除菌によりどの程度改善しますか
稜線状発赤
Q20 稜線状発赤は表層性胃炎ではないのですか
除菌後の所見
Q21 除菌成功後には胃炎所見はどのように変化しますか
Q22 除菌成功後にどうして地図状発赤がみられるのですか
Q23 除菌後にみられる所見として、「地図状発赤」「斑状発赤」「発赤陥凹」の違いを教えてください
Q24 除菌後に地図状発赤が見られる症例の割合はどの程度ですか
Q25 除菌施行後に、特異型腸上皮化生は地図状発赤に変化するのでしょうか
Q26 除菌成功後の所見でinactive gastritisではなくnon-gastritisと診断される場合がありますか
内視鏡機種の影響
Q27 内視鏡の機種によって胃炎所見の判断が異なることはありませんか
薬剤の影響
Q28 薬剤による胃粘膜変化はどのようなものですか
胃癌リスクスコア
Q29 胃癌リスク所見のうちもっともリスクが高いのはどの所見ですか
Q30 「胃癌リスクスコア」の中にあるびまん性発赤は胃がんリスクですか
胃癌スクリーニング
Q31 胃炎の診断は胃癌の見つけ出しにどのように役立ちますか