医師と内視鏡技師のコラボによる 腹部用手圧迫を用いた大腸内視鏡挿入法

患者にやさしい内視鏡検査

  • 【【編著】】 野崎 良一(大腸肛門病センター高野病院医師)
  • 【【編著】】 松平 美貴子(大腸肛門病センター高野病院内視鏡技師)
  • 【ISBN】 978-4-88875-265-7
  • 【本体価格】 3,600円
  • 【刊行年月】 2014年 05月
  • 【版組】
  • 【ページ数】 100ページ
  • 【在庫】 あり
  • M2+商品ページ 医書JP商品ページ
    M2+ 医書JP
  • この本を購入する

大腸肛門病センター高野病院で行われている,医師と内視鏡技師による腹部用手圧迫法を用いた大腸内視鏡挿入テクニックを全面公開.
女性でもできる効果的・効率的な腹部用手圧迫について,圧迫の実際の写真、大腸の3次元画像、シェーマを用いて解説し,医師と内視鏡技師のコラボレーションによる大腸内視鏡挿入法で患者にやさしく,しかも安全でスムースな挿入テクニックを解説.

内視鏡検査は医師だけで成立する検査法ではなく,多かれ少なかれアシスタントの協力が必要である.腹部用手圧迫の具体的なテクニックとコツをこれほど詳細に記述した書籍は過去にない.内視鏡医だけでなく,内視鏡技師の立場からも挿入手技とアシスタントのあり方の基本が分り易く,懇切丁寧に記述した書籍は類を見ない. イラストや写真によって具体的な圧迫法を教えてくれるので,経験の少ないアシスタントであっても簡単に補佐をしてもらえる.ぶ厚い肩が凝る大著ではないので,挿入に困った時にこの本を開けば参考になることも有難い.執筆者達の着眼の良さに脱帽させられた.
本書を読んでコツを教えられ,挿入手技に開眼する内視鏡医は少なくないであろう.また内視鏡技師にとっても参考になる入門書である.(多田正大先生の推薦の言葉より)
目 次
序 説
はじめに
1.医師と内視鏡技師のコラボによる大腸内視鏡挿入法とは
2.おもな内視鏡挿入法と用語の解説
  • Hooking the hold法/Right turn shortening法/ジグリング(jiggling)/軸保持短縮法/スラロームテクニック/αループ法
第1章 検査前の必要事項と注意点
1.大腸内視鏡検査を実施するにあたっての注意事項
2.内視鏡検査前に押さえておきたい患者情報
第2章大腸内視鏡挿入法における腹部用手圧迫法
1.用手圧迫法の基本
  • なぜ用手圧迫が必要なのか/用手圧迫時注意すること/女性でもできる腹部用手圧迫/効果的な腹部用手圧迫の基本パターン/体重を乗せやすいように工夫する/両手を有効に使う/オリジナルのマニュアル作成
3.腹部用手圧迫法のポイント
  • 医師との連携が重要!/効果的な圧迫は、内視鏡挿入手技が上達したと医師に思わせてしまうもの!/腹部用手圧迫法のポイント
2.腹部用手圧迫のおもな3パターン:内視鏡写真とUPD-3画像対比
  • 通常の内視鏡挿入パターン/S状結腸がαループを形成/SD曲の屈曲が強いパターン
第3章 大腸内視鏡検査のための有用なmodality
1.内視鏡挿入形状観測装置(UPD-3)を用いた挿入法とは
2.CT colonography(CTC)とは
3.CTC画像で大腸の走行を立体的にとらえる
第4章 シグモイドスコピーの挿入テクニック
第5章 腹部用手圧迫法を用いた全大腸内視鏡検査の挿入テクニック
1.全大腸内視鏡検査の挿入テクニック
  • S状結腸からSD曲への挿入/S状結腸の直線化/横行結腸の挿入/左側横行結腸の挿入/右側横行結腸の挿入/肝弯曲から上行結腸への挿入/盲腸への挿入/終末回腸への挿入/大腸内視鏡の反転による直腸下部、肛門部の観察/上行結腸の内視鏡反転観察
  • ★腹部用手圧迫法
  • (1)S状結腸の用手圧迫(パターン1)
  • (2)S状結腸の用手圧迫(パターン2)
  • (3)S状結腸~下行結腸の用手圧迫 直線化保持
  • (4)脾彎曲部の用手圧迫1
  • (5)横行結腸の用手圧迫
  • (6)肝彎曲部の用手圧迫1:ルーチンの圧迫
  • (7)肝彎曲部の用手圧迫2:位置が高い時の圧迫
  • (8)盲腸への挿入時の用手圧迫
  • (9)その他の用手圧迫 S状結腸や横行結腸がループを形成する
  • (10)S状結腸のαループ形成時の用手圧迫
  • (11)S状結腸~下行結腸の直線化困難症例の用手圧迫
  • (12)医師の対面側に立ち腹部用手圧迫を行う場合
  • (13)こんなときどうする?
  • 効いていないと思った時…微妙にずらしてみる/どこを圧迫していいかわからない/腹が大きく太鼓腹で用手圧迫が困難な場合/高齢者など腹部に拍動を感じる患者の用手圧迫/巨大結腸の場合
  • (14)内視鏡挿入長とたわみ、管腔の見え方
2.癒着例の挿入法
  • S状結腸の挿入と圧迫法/横行結腸の挿入と圧迫法
3.S状結腸過長症例の挿入法
4.狭窄性S状結腸憩室の挿入法
  • RSの通過/S状結腸の通過